メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

時代の風

平和の祭典、五輪の魅力 分断の時代に希望のペア=中島京子・作家

=根岸基弘撮影

 平昌オリンピックが開幕間近だ。またしばらくの間は、ニッポンがメダルをいくつ獲(と)ったという話でもちきりになるのだろうか。

 オリンピックにもウインタースポーツにも、さほど興味がなかったのだけれど、今年はちょっと楽しみにしている競技がある。フィギュアスケートのペアである。

 お目当ての選手は、バネッサ・ジェームズ/モルガン・シプレというフランスのペアで、女性のバネッサ・ジェームズは2005年、イギリス選手権で、黒人で初めて優勝を勝ち取った選手だそうだ。お相手のモルガン・シプレは背の高い白人男性で、2人の身長差は20センチもある。このペアは、17年の欧州選手権で3位に入賞している。

 フィギュアファンにはおなじみだろうけれど、私が2人を見たのはつい最近で、インターネットのSNS(ソ…

この記事は有料記事です。

残り1357文字(全文1699文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クジラ 東京湾で目撃9件 海ほたる沖で何度もジャンプ
  2. アイス ピノがCMをやめた理由
  3. 殺人 「闇ウェブ」専門家刺され死亡 福岡繁華街、男出頭
  4. 特別展 破損した本、泣いている 全国で被害相次ぎ「マナー守って」 県立図書館 /鳥取
  5. 沖縄慰霊の日 平和の詩「生きる」全文

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]