メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

エジプト大統領選

現職が「対抗馬つぶし」 シシ政権、強硬

 【カイロ篠田航一】3月下旬のエジプト大統領選を巡り、シシ大統領(63)に挑もうとした有力候補が次々に出馬を取りやめる異例の事態が続いている。23日にはサミ・アナン元軍参謀総長が逮捕され、24日には人権派弁護士のハリド・アリ氏が撤退を表明した。強権的なシシ政権による「対抗馬つぶし」の動きが加速している。

 エジプトのメディアによると、大統領選に出馬するには軍籍を外れる必要があり、アナン氏側は2012年に…

この記事は有料記事です。

残り513文字(全文715文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社説 「イッテQ」にやらせ疑惑 うやむやでは済まされぬ
  2. 戦争の愚 風船爆弾に悔い 製造の経験を小説に
  3. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  4. 騒動 出川哲朗 イッテQ騒動に男気初対応、信頼貫く「頑張ってる」(スポニチ)
  5. 社説 桜田五輪担当相の迷走 滞貨一掃人事の重いツケ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです