メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

もとをたどれば

コクヨ 「国の誉れに」初心忘れず

コクヨのロゴマーク

 文房具やオフィス家具のメーカーとして知られるコクヨ。原点は、創業者の黒田善太郎氏が1905年、大阪で26歳の時に始めた「黒田表紙店」だ。商家で使う和式帳簿の表紙を作っていた。

 地味な仕事だったが、黒田氏は「人がやりたがらない仕事ほど、まじめにやれば人に喜ばれる」と創意工夫を怠らなかったという。3年で和式帳簿全体を手がけるようになり、西洋化の流れを見越して、いち早く洋式帳簿の製造も始めた。

 当時、洋式帳簿の紙は輸入に頼っていたが、黒田氏は顧客に安定供給できるよう、大手製紙会社に国産化を要…

この記事は有料記事です。

残り318文字(全文564文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  2. 総務省 携帯料金、大容量で東京が最高額 世界6都市比較
  3. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺
  4. 風疹 流行広がり患者数5倍超 「妊婦は外出避けて」
  5. 大相撲秋場所 稀勢の里、逸ノ城に完敗

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです