メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ストーリー

チェチェン 母たちの闘い(その2止) 「IS同調」偏見耐え

グロズヌイ空港のロビーで、シリアから帰還した子供に話しかける女性。後方は、帰還した少年に自分の娘や孫の写真を見せて「知らないか」と尋ねる女性たち=ロシア南部チェチェン共和国グロズヌイで2017年11月13日

 

 ◆娘帰還へ 母たち奔走

「世間体、関係ない」

 過激派組織「イスラム国」(IS)の支配下にあったイラクやシリアに渡っていた娘を捜すチェチェンの母親たちが、モスクワを訪れている--。そんな情報を私が得たのは昨年9月下旬だった。

 モスクワから約2000キロ南にあるチェチェン共和国は、信仰のあついイスラム教徒が多い保守的な土地柄。普段の女性たちは男性を陰で支え、口数も少ない。それが集団で、モスクワのイラク大使館などへ要請に来たというのだ。彼女たちの娘は、IS戦闘員となった夫についてイラクやシリアに渡航したが、ISの敗走で行き場を失っている。その帰還を実現させるための活動だという。

 モスクワ北郊の小さなホテルに女性たちを訪ねた。ベールをかぶり、足首まで隠れる長い服に身を包んだ10…

この記事は有料記事です。

残り4299文字(全文4640文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トランプ米大統領 「安倍首相がノーベル平和賞に推薦」「最も美しい手紙」
  2. コトバ解説 「フクロウ」と「ミミズク」の違い
  3. 重過失致死 乳児死亡、父はゲーム 浴槽放置「自由な時間確保」 容疑で書類送検 埼玉
  4. ORICON NEWS 元AKB48・高城亜樹&J1サガン鳥栖・DF高橋祐治が結婚発表「明るく穏やかな家庭を」
  5. 非常事態宣言で「一石二鳥」狙い トランプ氏、政府再閉鎖の回避と支持層アピール

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです