メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

MOTTAINAI

米のパリ協定離脱 温暖化防止後退の懸念強まる ブラジルの元環境相、マリナ・シルバさんインタビュー

所属政党の全国総会で登壇するシルバさん。この日、今年秋の大統領選挙に立候補をすることを発表した=ブラジリアで昨年12月2日、レオ・カブラル氏撮影

寛容さが人類助ける

 米国のパリ協定離脱により、地球温暖化防止に向けた国際的な取り組みが後退する懸念が強まっている。今年12月にポーランドで開催予定の国連気候変動枠組み条約第24回締約国会議(COP24)は、パリ協定の運用ルールを決める節目を迎える。アマゾン熱帯雨林の保護やパリ協定の重要性を訴えてきたブラジルの元環境相、マリナ・シルバさんは現状と地球の未来をどうみているのか、書面インタビューした。

 --昨年のCOP23をどのように評価しますか。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 慶応大が渡辺真由子さんの博士取り消し
  2. 女子高生とのわいせつ動画 ネット公開容疑で男逮捕 4000万円収入か
  3. 札幌市が水道料金6140万円と誤通知 本来の6696円の9100倍
  4. SNSで自分の裸の画像や動画販売容疑 15~17歳の少女3人を書類送検 福岡県警
  5. 尼崎 「学校だより」に他校記事 中学校長が無断転載

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです