メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

囲碁・将棋スペシャル

囲碁 桐山杯日中決戦 六浦好機を逃す 強豪・柁にあと一歩

阿含・桐山杯日中決戦に臨んだ六浦雄太七段(左)と柁嘉憙九段=中国・北京で2017年12月6日

 <第19期阿含・桐山杯日中決戦>

 日中の阿含・桐山杯者が競う第19期阿含・桐山杯日中決戦(中国国際友好連絡会、中国棋院、日本棋院主催、毎日新聞社など後援、阿含宗特別協賛)が先月6日、中国・北京で打たれ、中国の柁嘉熹(だかき)九段(27)が六浦雄太七段(18)に、135手で黒番中押し勝ちした。

 史上3番目の年少記録(18歳5カ月)で全棋士参加棋戦、阿含・桐山杯の優勝を果たして進境著しい六浦は、世界トップ級の柁にも気後れすることなく立ち向かったが、終盤に訪れていた好機を生かし切れなかった。日中決戦の通算成績は、日本の5勝14敗となった。阿含・桐山杯は今年、日本で25期、中国並びに日中決戦20期という節目を迎える予定だ。

 日中決戦は、日中交互に開催。近年、中国開催の折は華南の都市で打たれることが多く、北京開催は2004…

この記事は有料記事です。

残り1037文字(全文1399文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮45 杉田氏擁護特集で社長コメント「常識逸脱した」
  2. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる
  3. プロ野球 中日・岩瀬、1000試合登板まであと2
  4. 県警不祥事 止まらない 警官、押収AV大量盗む 容疑で書類送検 別に盗撮疑いも /大分
  5. 台湾 駐大阪代表が自殺 台風被害の関空対応で批判相次ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです