メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

もう一度食べたい

護国芋 食糧難時代の救世主

「この甘藷が国民をひもじさから救った」と話す蔵之内さん。手にしたイモと手前左が「護国イモ」。手前右は“母”となった「元気」、奥は“父”の「七福」。貯蔵庫の温度は平均13度。湿度は90~92%に保たれている=茨城県つくばみらい市の畑作物研究所谷和原畑圃場で

 「『国難』とか『救国』という言葉を聞くたび、思い出すサツマイモがあります。子どもの頃に食べた『護国芋(ごこくいも)』です。いまの『ベニハルカ』や『ベニアズマ』の方が絶対においしいはずなのに、なぜか懐かしいのです」と静岡県沼津市の杉崎昭さん(82)。戦時中の思い出をつづった手紙には、こうも書かれていた。--「いつもお腹(なか)を空(す)かせていた時代、サツマイモは最高のごちそうだった」

 時代がにおう「護国」のネーミング。だが、その名のサツマイモを私は知らない。日本いも類研究会(東京都…

この記事は有料記事です。

残り1430文字(全文1674文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 世界遺産 光のアート、幻想的に 京都・下鴨神社
  2. 中央省庁 障害者雇用、水増しか 42年間 政府調査開始
  3. 浜松 市議がアダルト動画投稿 10万円利益 辞職願提出
  4. 障害者雇用 2省、水増し認める 国交、総務 手帳ない職員も算入
  5. 愛知 少女の裸動画を拡散容疑 高校生ら14人書類送検 

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです