メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

もう一度食べたい

護国芋 食糧難時代の救世主

「この甘藷が国民をひもじさから救った」と話す蔵之内さん。手にしたイモと手前左が「護国イモ」。手前右は“母”となった「元気」、奥は“父”の「七福」。貯蔵庫の温度は平均13度。湿度は90~92%に保たれている=茨城県つくばみらい市の畑作物研究所谷和原畑圃場で

 「『国難』とか『救国』という言葉を聞くたび、思い出すサツマイモがあります。子どもの頃に食べた『護国芋(ごこくいも)』です。いまの『ベニハルカ』や『ベニアズマ』の方が絶対においしいはずなのに、なぜか懐かしいのです」と静岡県沼津市の杉崎昭さん(82)。戦時中の思い出をつづった手紙には、こうも書かれていた。--「いつもお腹(なか)を空(す)かせていた時代、サツマイモは最高のごちそうだった」

 時代がにおう「護国」のネーミング。だが、その名のサツマイモを私は知らない。日本いも類研究会(東京都…

この記事は有料記事です。

残り1430文字(全文1674文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 卓球 福原愛が現役引退を表明 自身のブログで
  2. 卓球 福原愛さん引退 中国、台湾でも高い関心
  3. 渋谷 ドリームアミさんに歓声 文化村通りで路上ショー
  4. プリンセス駅伝 ワコールが1位 三井住友海上は途中棄権
  5. 福原愛 台湾で結婚披露宴 「試合より緊張する」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです