メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

小島ゆかり・評 『白磁海岸』=高樹のぶ子・著

 (小学館・1620円)

人はみな解決不能のドラマを生きる

 人間はなんて悲しく、なんて愛(いと)しいのかと思う。この物語に登場する人びとはみな、危うい秘密を抱えながら、その秘密にみずから傷つきながら生きる、強くて脆(もろ)く、愚かでやさしく、あさはかでなつかしい人びとである。

 たとえば『マルセル』では絵画が、『オライオン飛行』では時計が、謎を解く鍵として物語を動かしていったが、今回は美しい白磁の皿。ミステリーとしてのおもしろさはもちろん、登場人物のそれぞれが代わる代わる主人公になり進行する、多角的な人間心理のドラマでもある。

 夜更けて空も街も静まると、闇を走る風に乗って、金沢港の長い堤防にぶつかる波の音が聞こえてくる。そん…

この記事は有料記事です。

残り1136文字(全文1450文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  2. 障害者雇用水増し 「名前貸して」元横浜家裁職員が証言
  3. 女子テニス 大坂ウイルス性の病気のため武漢オープン欠場
  4. 海賊 ソマリア沖で商船襲撃相次ぐ 干ばつや飢饉が影響か
  5. 新元号 即位前公表「ルール違反」 京産大名誉教授が指摘

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです