メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

不知火のほとりで

石牟礼道子の世界/64 初恋

悲しみをもつほど美しくなる=熊本県水俣市で、田鍋公也撮影

 <日曜カルチャー>

ふるさとの海辺の沖

 2年前の2016年1月、石牟礼道子さんの枕元に黄ばんだ原稿用紙があったのを思い出す。「渡辺さんが見つけてくださった」と石牟礼さんは言う。仕事場の段ボールの底にあったのを渡辺京二さんが見つけて持参した。30枚。「不知火」という題名が付いている。道子18~19歳の作である。

 渚(なぎさ)を彷徨(さまよ)う少女の話だ。<汐鳴り 松風 星の影 朽ち果てた小舟。十六夜の盆月、こ…

この記事は有料記事です。

残り1980文字(全文2185文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 野球漫画 「ドカベン」46年で完結 28日発売号で
  2. ドカベン 長寿野球マンガが完結へ 46年の歴史に幕 「チャンピオン」次号で最終章が最終回
  3. 藤枝小4切りつけ 「いじめの復讐」 18歳容疑者説明
  4. EU あす報復発動 米製品の関税引き上げ
  5. カネテツ ウナギ高騰 本物そっくり「ほぼうなぎ」販売

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]