メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

不知火のほとりで

石牟礼道子の世界/64 初恋

悲しみをもつほど美しくなる=熊本県水俣市で、田鍋公也撮影

 <日曜カルチャー>

ふるさとの海辺の沖

 2年前の2016年1月、石牟礼道子さんの枕元に黄ばんだ原稿用紙があったのを思い出す。「渡辺さんが見つけてくださった」と石牟礼さんは言う。仕事場の段ボールの底にあったのを渡辺京二さんが見つけて持参した。30枚。「不知火」という題名が付いている。道子18~19歳の作である。

 渚(なぎさ)を彷徨(さまよ)う少女の話だ。<汐鳴り 松風 星の影 朽ち果てた小舟。十六夜の盆月、こ…

この記事は有料記事です。

残り1980文字(全文2185文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. イチローが第一線退く意向 球団に伝える 21日試合後に会見
  2. 「イチロー、ボールが見えていない印象」 村上雅則氏が指摘
  3. 慶応大が渡辺真由子さんの博士取り消し
  4. 小沢健二さんが追突事故 八王子市の路上、自分で警察に通報
  5. 引退「いつかは分からない 毎日その日を懸命に生きてきた」 イチロー一問一答

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです