メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

不知火のほとりで

石牟礼道子の世界/64 初恋

悲しみをもつほど美しくなる=熊本県水俣市で、田鍋公也撮影

 <日曜カルチャー>

ふるさとの海辺の沖

 2年前の2016年1月、石牟礼道子さんの枕元に黄ばんだ原稿用紙があったのを思い出す。「渡辺さんが見つけてくださった」と石牟礼さんは言う。仕事場の段ボールの底にあったのを渡辺京二さんが見つけて持参した。30枚。「不知火」という題名が付いている。道子18~19歳の作である。

 渚(なぎさ)を彷徨(さまよ)う少女の話だ。<汐鳴り 松風 星の影 朽ち果てた小舟。十六夜の盆月、こ…

この記事は有料記事です。

残り1980文字(全文2185文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 近鉄 橋脚、上流側に7.8センチ傾く 南大阪線・大和川
  2. 薬の費用対効果 1年延命、いくら支払うか 厚労省調査へ
  3. コトバ解説 「死体」と「遺体」の違い
  4. 国民民主 「第1党」困難 希望から最大47人 衆院野党
  5. 立憲民主 枝野代表、民進議員を批判「与党みたいな質問」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]