メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

藤原帰一の映画愛

サファリ 説明抜きで淡々と描く、世界の残酷と不条理

 アフリカ・サファリのドキュメンタリー。アフリカ南部、ナミビアのロッジにオーストリアやドイツなど各地からハンターが集まり、ガイドとともに原野に行く。向こうにけものが見えたら、息を潜め、撃って、当たったらよろこぶ。撃ち殺したらポーズをとって、写真に撮ってもらう。プレジャー・ハンティングという狩猟の一種なのだそうです。

 本来の意味におけるハンティングは、食用とするために動物を狩る行為ですが、それがイギリスなどのヨーロ…

この記事は有料記事です。

残り1307文字(全文1515文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 写真にしか見えない“鉛筆画” 作者が語る魅力「複製できない、消しゴムで消せる儚さ」
  2. 札幌の爆発、不動産店で「消臭スプレー100缶ガス抜き」 現場検証始まる
  3. 許さない 性暴力の現場で/4 兄からの虐待 逃げ得…納得できない /群馬
  4. 札幌爆発 周辺住民、不安の夜 150メートル先ガラスも割れ
  5. 電気製品 つなげすぎると火災の危険

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです