メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ともに・2020バリアーゼロ社会へ

鉄道、車いすスペース拡充 1編成2カ所以上 国交省方針

段差を確認しながら地下鉄の車両から降りる特別支援学校の生徒。2020年4月以降、車内の車いすスペースが増える見通しだ=東京都新宿区で2016年8月、竹内紀臣撮影

 国土交通省は、2020年4月以降に運行を始める新幹線を含めた全ての鉄道車両について、現在は1編成に1カ所以上の設置を義務づけている車いすのスペースを、原則2カ所以上設けるよう省令を改正する方針を固めた。海外からの訪問客も増える20年東京五輪・パラリンピックを控え、車いす利用者の利便性を高めるのが狙いで、今年度中に改正省令を公布する。【酒井祥宏】

 国交省によると、鉄道車両の車いすスペースは、バリアフリー法(06年施行)に基づく省令で、原則1編成…

この記事は有料記事です。

残り623文字(全文847文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 花嫁行列 思うのはあなた一人 愛知・半田
  2. 雑記帳 サッカー元イタリア代表FW、デルピエロ氏…
  3. 風知草 圧勝ですが、何か?=山田孝男
  4. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  5. 大村益次郎 没後150年 生誕地に砂で20メートル家紋

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです