メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 「指導のつもりが感情的になってしまった」。競泳日本代表の小関也朱篤(やすひろ)は、昨年12月の代表合宿中に同じ所属の後輩選手に振るった暴力についてそう説明した。昨年に大相撲で起きた傷害事件を受けスポーツ界で再発防止を再確認した直後。私は残念でならなかった。

 「コミュニケーション不足だった」と小関が反省するように、炊飯当番で米を炊き上げ…

この記事は有料記事です。

残り254文字(全文423文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 金曜ロードSHOW! 「ファインディング・ドリー」地上波初放送 ニモと暮らすドリーの冒険ファンタジー
  2. 東京湾 クジラ目撃情報 ゲートブリッジや葛西海浜公園で
  3. 大阪震度6弱 ブロック塀危険性 外部専門家が2度指摘
  4. 大阪震度6弱 最先端の電子顕微鏡が損傷 大阪大
  5. 三井不動産 「名古屋三井ビル北館」着工を発表

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]