メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

そこが聞きたい

暗殺から70年 ガンジーに学ぶ 宗教に「寛容さ」不可欠 東京工業大教授・中島岳志氏

 インド独立の父、マハトマ・ガンジー=1=が暗殺されて30日で70年。「非暴力・不服従」の抵抗運動の行動原理は自ら信奉するヒンズー教の哲学に基づいていたが、イスラム教など他宗教にも寛容な姿勢を貫いた。排外主義や偏狭なナショナリズムが広がる現代、学ぶべきことは何か。政治学者でインド研究者の中島岳志・東京工業大教授(42)に聞いた。【聞き手・松井聡、写真・根岸基弘】

--ガンジーが現代に残した教訓は何でしょうか。

この記事は有料記事です。

残り2897文字(全文3102文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺
  2. 仙台・警官刺殺 容疑の男、刃物と機関銃様のもの所持
  3. 自民党総裁選 発言・論点をはぐらかす 識者が指摘する安倍首相「ご飯論法」の具体例
  4. 新潮45 杉田水脈議員擁護の特集 批判は「見当はずれ」
  5. 北海道地震 「セイコーマート」95%が営業できた理由は

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです