メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

そこが聞きたい

暗殺から70年 ガンジーに学ぶ 宗教に「寛容さ」不可欠 東京工業大教授・中島岳志氏

 インド独立の父、マハトマ・ガンジー=1=が暗殺されて30日で70年。「非暴力・不服従」の抵抗運動の行動原理は自ら信奉するヒンズー教の哲学に基づいていたが、イスラム教など他宗教にも寛容な姿勢を貫いた。排外主義や偏狭なナショナリズムが広がる現代、学ぶべきことは何か。政治学者でインド研究者の中島岳志・東京工業大教授(42)に聞いた。【聞き手・松井聡、写真・根岸基弘】

--ガンジーが現代に残した教訓は何でしょうか。

この記事は有料記事です。

残り2897文字(全文3102文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. NGT48暴行問題 山口さん反論にAKS、弁明に追われ 第三者委報告受け会見
  2. タイで覚醒剤300万人使用か 押収量過去最高、日本にも流出
  3. イチロー引退会見「妻と一弓には感謝の思いしかない」一問一答(その5)
  4. 高松商・香川が今大会初完封 春日部共栄降す
  5. リゼロ テレビアニメ第2期の制作決定 ティザービジュアルにスバルとエミリア

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです