メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大雪1週間

「早く解けて…」凍った路面にそろりそろり

いまだにビルの屋上や学校の校庭などに雪が残る西新宿付近。後方は新宿副都心=2018年1月29日午前9時26分、本社ヘリから宮本明登撮影

 首都圏の交通機関に大きな混乱をもたらした22日の大雪から29日で1週間がたったが、東京都新宿区の新宿駅西口にあるビル屋上や学校校庭には、いまだに解けない雪が見られる。さいたま市浦和区のJR浦和駅周辺でも、車道や歩道の脇に凍った雪が残る。埼玉県消防防災課によると、22日から25日午前8時までで県内の大雪による被害は重傷が15人、他にけが人は450人に上った。26日にはさいたま市で氷点下9.8度を記録。1977年の観測開始以来、最低となった。

 徒歩で通勤していた同市中央区の会社員、園田友樹さん(33)は凍った路面を気にしながら「保育園に通う子どもが転ばないか心配」。同市浦和区の女性会社員(50)は「最近ずっと寒かったけど、今日は暖かくなるそうなので解けてほしい」と話し、慎重に歩みを進めていた。

 気象庁によると、22日に降り始めた雪で記録した関東地方各地の最深積雪は、前橋市29センチ▽宇都宮市27センチ▽東京都心23センチ▽水戸市、埼玉県熊谷市19センチ--など。その後も強い冬型の気圧配置が続いたため各地で寒さの厳しい日が続き、雪が解けにくかった。東京都心では29日、34年ぶりに8日間連続で最低気温が0度未満の冬日となり、同日午前9時現在で3センチの積雪が残っている。

 今後も寒気の影響は続き、今週後半には太平洋側で天気が崩れる日がある見込み。2月1日や2日は、都心を含む関東地方の南部でも一時雪か雨が降ると予報している。【中川友希、金森崇之】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. キスマイ宮田俊哉 風間俊介の兄役で「やすらぎの刻~道」出演 短髪姿にメンバーは「アリだね!」
  2. 陸自 砲弾、一般車被害 国道そばに着弾 滋賀の演習場 目標1キロずれ
  3. 秋田 記者が通報、北朝鮮の木造船 船内捜索も見守る
  4. 迫撃砲着弾 道路の舗装めくれ「命の危険感じた」
  5. 陸上自衛隊 国道近くに迫撃砲着弾 破片当たり車の窓破損

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです