メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

マリ

兵士14人死亡17人負傷 武装集団が政府軍襲撃

 【ヨハネスブルク小泉大士】西アフリカのマリ北部トンブクトゥ州で27日、武装集団が政府軍の拠点を襲撃し、少なくとも兵士14人が死亡、17人が負傷した。AP通信が伝えた。犯行声明は出ていないが、イスラム過激派の犯行とみられる。

 マリでは2012年に国際テロ組織アルカイダ系などのイスラム過激派が北部を掌握。13年に旧宗主国フランスの軍事介入で都市部から放逐されたが、その後も国連平和維持活動(PKO)部隊などへの襲撃が相次いでいる。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女の気持ち 定年を前に 埼玉県日高市・井上しず江(大学職員・64歳)
  2. 風知草 圧勝ですが、何か?=山田孝男
  3. こうのとり7号機 物資運ぶ「こうのとり」 打ち上げ成功
  4. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  5. 最年少町長3カ月 2児の母過疎地で奮闘「めげない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです