メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

マリ

兵士14人死亡17人負傷 武装集団が政府軍襲撃

 【ヨハネスブルク小泉大士】西アフリカのマリ北部トンブクトゥ州で27日、武装集団が政府軍の拠点を襲撃し、少なくとも兵士14人が死亡、17人が負傷した。AP通信が伝えた。犯行声明は出ていないが、イスラム過激派の犯行とみられる。

 マリでは2012年に国際テロ組織アルカイダ系などのイスラム過激派が北部を掌握。13年に旧宗主国フランスの軍事介入で都市部から放逐されたが、その後も国連平和維持活動(PKO)部隊などへの襲撃が相次いでいる。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否
  2. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  3. 衆院内閣委 桜田氏、サイバー担当でもパソコン使わず
  4. NHK紅白 サチモスなど7組初出場 TOKIO選ばれず
  5. 大阪府保健所 ゲイカップル宿泊拒否のラブホを行政指導

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです