メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

訃報

沢島忠さん91歳=映画監督、東映任俠路線の先駆者

 東映任俠(にんきょう)路線の先駆者の映画監督、沢島忠(さわしま・ただし)さんが27日、多臓器不全のため東京都内の病院で死去した。91歳。葬儀は近親者で営む。喪主は親戚の沢島章(あきら)さん。

     滋賀県出身。1950年、東横映画(現東映)に入社。57年「忍術御前試合」でデビューした。時代劇、任俠ものを数多く手掛け、主な作品に萬屋錦之介(中村錦之助)主演の「一心太助」シリーズ、鶴田浩二主演の「人生劇場」シリーズなど。後年は舞台演出家として活動した。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 水樹奈々 小学生役に「私、本当に大丈夫」? 小林星蘭の「同級生」発言に大喜び
    2. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
    3. 週刊テレビ評 綾瀬はるか主演「義母と娘のブルース」 原作を超えた独自の世界観=碓井広義
    4. 拾得物詐取 大阪の巡査ら個人情報なし狙い
    5. あおなみ線 空港まで 名古屋市、検討対策室設置へ

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです