メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Interview

コーネル・ムンドルッツォ 難民少年に希望託す

 ハンガリーを舞台に、シリアからの難民が空中浮遊する映画「ジュピターズ・ムーン」を監督したコーネル・ムンドルッツォは「脚本を書いているころはまだ欧州に深刻な難民問題は訪れていなかったが、製作段階ではすっかり現実の問題となっていた」と振り返る。

 主人公は医療過誤で多額の賠償金を背負った医師シュテルン。銃で撃たれた難民少年アリアンが自力で治癒し、空中浮遊できるのを知り、その能力で一もうけしようとたくらむ。「彼はハンガリーを…

この記事は有料記事です。

残り318文字(全文529文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 2019年のGW 10連休が浮き彫りにする労働格差
  2. システム障害 札幌地下鉄で運行停止 乗客一時閉じ込めも
  3. 東日本大震災 県内の大気中の放射線量 /埼玉
  4. 香港 高速鉄道、例外的な法律適用 中国の影響懸念
  5. 個人情報 本物のパスワード記載「脅迫メール」が横行

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです