メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外ゴーン前会長の保釈認める 東京地裁 保証金5億円
なるほドリ青森

おもしろ名称、どうしてできた?=回答・夫彰子 /青森

安全安心なリンゴ栽培を目指す「りんごまるかじり条例」のPR看板=板柳町内で

条例、住民周知に利点 「朝ごはん」「りんご」に成果

 なるほドリ 青森の市町村にはおもしろい名称の条例がたくさんあるらしいね。

 記者 冬にぴったりのおもしろ条例と言えば、毎月22日を「鍋の日」と定めた南部町の「鍋条例」でしょう。他にも板柳町の「りんごまるかじり条例」や鶴田町の「朝ごはん条例」などがあります。「婚活」を応援する深浦町の「出逢い・めぐり逢い支援条例」(昨年3月に廃止)、祭りの名前を冠した青森市の「青森ねぶた保存伝承条例」も珍しいですよね。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 偶然に導かれ「再会」切手から身元判明の平塚真澄さんの遺骨、遺族へ
  2. 都営三田、新宿線を増結へ 22年度目標に混雑緩和
  3. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  4. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  5. 新潟県知事、NGT起用を「保留」9月の国民文化祭契約

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです