メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

質問なるほドリ

商工中金、4年後どうなる? 完全民営化の可否判断 実現は不透明=回答・中井正裕

 なるほドリ 経済産業省の有識者検討会が商工組合中央金庫(商工中金)のあり方について提言したね。

 記者 商工中金は国の低利融資制度(ていりゆうしせいど)「危機対応融資」を巡って組織的な不正融資を行っていました。このため検討会は、危機対応融資を10分の1程度に縮小するなど経営改革を進め、4年後に完全民営化(かんぜんみんえいか)の可否を判断するよう提言しました。次期社長には、銀行出身でホテル再生に実績のある関根正裕氏の就任が決まっています。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 年金事務所長、ツイッターでヘイト発言し更迭
  2. 森昌子さん引退へ 公式HPで発表
  3. 名古屋・栄地区活性化に 情報発信スポット「S.Core」開設へ 松坂屋
  4. 盛岡大付が延長サヨナラ 21世紀枠石岡一、最後に力尽きる
  5. 特集ワイド ノーベル賞さえ取引材料? トランプ氏「安倍首相に推薦された」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです