メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

質問なるほドリ

商工中金、4年後どうなる? 完全民営化の可否判断 実現は不透明=回答・中井正裕

 なるほドリ 経済産業省の有識者検討会が商工組合中央金庫(商工中金)のあり方について提言したね。

 記者 商工中金は国の低利融資制度(ていりゆうしせいど)「危機対応融資」を巡って組織的な不正融資を行っていました。このため検討会は、危機対応融資を10分の1程度に縮小するなど経営改革を進め、4年後に完全民営化(かんぜんみんえいか)の可否を判断するよう提言しました。次期社長には、銀行出身でホテル再生に実績のある関根正裕氏の就任が決まっています。

この記事は有料記事です。

残り639文字(全文859文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS キムタク、“オフ”の長澤まさみの姿を暴露 本人赤面「天気が良かったから」
  2. 日産会長逮捕 ゴーン神話「数字の見栄え良くしただけ」
  3. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念
  4. 日産会長逮捕 記載訂正長期化か 不正広範囲、精査に時間
  5. ゴーン会長逮捕 閉鎖の工場地元「人情ない人と思ってた」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです