メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ニュース解説

ICTで脱・暗記型教育 自治体の取り組みまちまち 「教育格差」の温床にも=森忠彦(オピニオングループ)

ローマ字入力も学習の一つ。今日の授業のふり返りを書き込んでゆく=東京都渋谷区の代々木山谷小で、森忠彦撮影

 全国の小中高校で、電子教材の活用による「教育の情報化」が広がりを見せている。「ICT(Information and Communication Technology=情報通信技術)教育」と呼ばれる新時代型教育だ。一般社会で「道具」として流布するパソコンやスマートフォン(スマホ)を学校現場にも導入し、インターネットやソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)も駆使。従来の暗記型教育から脱して、「主体的・対話的で深い学び」(新学習指導要領)を重視する教育に活用するのが狙い。しかし、現状では自治体ごとに取り組みがまちまちで、このままでは「教育格差」の温床になりかねない。各地の例を参考にICT教育の効果と課題を考えてみたい。

この記事は有料記事です。

残り2965文字(全文3282文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  2. 元徴用工訴訟 河野外相「原告は徴用された方ではない」
  3. BTS 絶叫、すすり泣き…騒動の渦中、コンサートでは何が 会場外ではファン批判演説
  4. 論プラス 元徴用工めぐる判決 日韓に刺さったとげ=論説委員・大貫智子
  5. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです