メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ニュース解説

ICTで脱・暗記型教育 自治体の取り組みまちまち 「教育格差」の温床にも=森忠彦(オピニオングループ)

ローマ字入力も学習の一つ。今日の授業のふり返りを書き込んでゆく=東京都渋谷区の代々木山谷小で、森忠彦撮影

 全国の小中高校で、電子教材の活用による「教育の情報化」が広がりを見せている。「ICT(Information and Communication Technology=情報通信技術)教育」と呼ばれる新時代型教育だ。一般社会で「道具」として流布するパソコンやスマートフォン(スマホ)を学校現場にも導入し、インターネットやソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)も駆使。従来の暗記型教育から脱して、「主体的・対話的で深い学び」(新学習指導要領)を重視する教育に活用するのが狙い。しかし、現状では自治体ごとに取り組みがまちまちで、このままでは「教育格差」の温床になりかねない。各地の例を参考にICT教育の効果と課題を考えてみたい。

この記事は有料記事です。

残り2965文字(全文3282文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京湾 クジラ目撃情報 ゲートブリッジや葛西海浜公園で
  2. 将棋 藤井七段、王座戦タイトル初挑戦まであと2勝
  3. ロシアW杯 ブラジル、覚醒の2発 ネイマールも泣いた
  4. 消費者庁 ユーチューブでの「もうけ指南」ご用心 事業者公表
  5. サッカー日本代表 トルシエ氏 1次L突破「可能性ない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]