メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

住・LIVING

花の手入れと飾り方 水替えで美しさキープ

写真1

 <くらしナビ ライフスタイル>

 寒い日が続き、外出もままならない。そんな日は、室内に生花を飾り一足早く春の気配を感じてみませんか。花を長く楽しむ手入れと飾り方のコツを、青山フラワーマーケットが主宰するフラワーアレンジメント教室「ハナキチ」講師、松葉麻由さんに聞いた。

 生花店の店頭には1月から春の花が並び始める。松葉さんによると、春の花は種ではなく球根から咲く「球根花」が多く、水を吸い上げる力も比較的強いという。代表格はチューリップ。花びらの色合いや開き方、大きさなどさまざまな種類があり、好みに応じて選ぶ楽しみがある。また近年人気なのは、同じく球根花で丸い形が特徴のラナンキュラスだ。小さな花びらが幾重にも重なり、華やかで存在感がある。香りの良いスイートピーも人気だ。松葉さんによると、花を買う時は、葉が傷ついておらず、茎に張りがあってしなやかなものを選ぶとよいという。

 松葉さんのおすすめはサクラやウメ、ハナミズキなど「枝もの」と呼ばれる花や葉が付いた枝で、春先になる…

この記事は有料記事です。

残り1559文字(全文1997文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ホワイトハウス 米朝首脳会談中止 トランプ大統領が発表
  2. アメフット 学内から批判噴出 父母会などが行動起こす
  3. 米韓首脳会談 トランプ氏、米朝会談見送りの可能性言及
  4. 広島・高2殺害 「わいせつできず怒り」容疑者、突発的か
  5. 北朝鮮 地下核実験場の坑道3カ所を爆破 北東部の豊渓里

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]