メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

住・LIVING

花の手入れと飾り方 水替えで美しさキープ

写真1

 <くらしナビ ライフスタイル>

 寒い日が続き、外出もままならない。そんな日は、室内に生花を飾り一足早く春の気配を感じてみませんか。花を長く楽しむ手入れと飾り方のコツを、青山フラワーマーケットが主宰するフラワーアレンジメント教室「ハナキチ」講師、松葉麻由さんに聞いた。

 生花店の店頭には1月から春の花が並び始める。松葉さんによると、春の花は種ではなく球根から咲く「球根花」が多く、水を吸い上げる力も比較的強いという。代表格はチューリップ。花びらの色合いや開き方、大きさなどさまざまな種類があり、好みに応じて選ぶ楽しみがある。また近年人気なのは、同じく球根花で丸い形が特徴のラナンキュラスだ。小さな花びらが幾重にも重なり、華やかで存在感がある。香りの良いスイートピーも人気だ。松葉さんによると、花を買う時は、葉が傷ついておらず、茎に張りがあってしなやかなものを選ぶとよいという。

 松葉さんのおすすめはサクラやウメ、ハナミズキなど「枝もの」と呼ばれる花や葉が付いた枝で、春先になる…

この記事は有料記事です。

残り1559文字(全文1997文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 田代まさし、約10年ぶりトーク番組出演 全盛期の年収&現在の月収を告白
  2. 青森4人死亡 被害者が飲酒とネット上で中傷 県警が否定
  3. 大阪狭山市 市長の妻、現金配る 秋祭りの会場で
  4. ORICON NEWS aiko、声が枯れライブ途中で中止に ツイッターで謝罪「悔しくて死にそうです」
  5. 台湾特急脱線 「自動制御保護システム切った」と運転士

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです