メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

住・LIVING

花の手入れと飾り方 水替えで美しさキープ

写真1

 <くらしナビ ライフスタイル>

 寒い日が続き、外出もままならない。そんな日は、室内に生花を飾り一足早く春の気配を感じてみませんか。花を長く楽しむ手入れと飾り方のコツを、青山フラワーマーケットが主宰するフラワーアレンジメント教室「ハナキチ」講師、松葉麻由さんに聞いた。

 生花店の店頭には1月から春の花が並び始める。松葉さんによると、春の花は種ではなく球根から咲く「球根花」が多く、水を吸い上げる力も比較的強いという。代表格はチューリップ。花びらの色合いや開き方、大きさなどさまざまな種類があり、好みに応じて選ぶ楽しみがある。また近年人気なのは、同じく球根花で丸い形が特徴のラナンキュラスだ。小さな花びらが幾重にも重なり、華やかで存在感がある。香りの良いスイートピーも人気だ。松葉さんによると、花を買う時は、葉が傷ついておらず、茎に張りがあってしなやかなものを選ぶとよいという。

 松葉さんのおすすめはサクラやウメ、ハナミズキなど「枝もの」と呼ばれる花や葉が付いた枝で、春先になる…

この記事は有料記事です。

残り1559文字(全文1997文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 精神疾患 55年間入院女性「退院してもおるところない」
  2. 訃報 大塚勇三さん97歳=児童文学者「スーホの白い馬」
  3. 統合失調症 実は「痩せ」と相関 藤田保健大が遺伝子解析
  4. 特集ワイド “目立つ”大人の「発達障害」 「不寛容な社会」で表面化
  5. 夏の高校野球 マウンドでお決まりポーズ 金足農・吉田

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです