メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

琉球寒緋桜

八重岳に7000本 濃いピンクが山を染め

満開を迎えて八重岳の山肌をピンク色に染める琉球寒緋桜=沖縄県本部町で2018年1月28日、野田武撮影

 日本一早咲きの桜として知られる琉球寒緋桜(リュウキュウカンヒザクラ)が沖縄本島北部、本部(もとぶ)町の八重岳(標高453メートル)の森を彩っている。

     亜熱帯の地域でよく見られる桜で、八重岳の山頂から山腹にかけて約7000本が咲き誇っている。本土のソメイヨシノとは違って、気温が低い山頂付近から咲き始め、暖かい山のふもとへと開花していく。花は濃いピンクが多く、亜熱帯植物の緑のヒカゲヘゴと美しいコントラストを見せている。

     本部町商工観光課は「例年より早く今月中旬から咲き始めました。今週末までが見ごろです」と話している。【野田武】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. プロ野球 セ・リーグ全日程終了危機 阪神残りは18試合
    2. 覚醒剤 使用容疑で元うたのお兄さんを逮捕
    3. 日本維新の会 創始者・橋下氏が新著「維新、失敗だった」
    4. 絶滅危惧種 大阪湾で「アカメ」捕獲
    5. 自民総裁選 じわり広がる不満、圧勝逃す 「安倍1強」転換点

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです