メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

マレーシア

マハティール氏「首相になっても、せいぜい2年」 インタビュー詳報

毎日新聞のインタビューに応じるマレーシアのマハティール元首相=クアラルンプールで2018年1月26日、平野光芳撮影

 26日に行われたマレーシアのマハティール元首相(92)との単独会見の主なやりとりは次の通り。

--なぜ再び首相を目指すのか。

 実際のところ、再び首相にはなりたくなかった。不幸にも多くのこと(ナジブ首相を巡る汚職疑惑)が起こり、私も何か行動を起こすように求められた。

 ナジブ氏にアドバイスしたが役に立たず、その後、私は政党(マレーシア統一プリブミ党)をつくった。この党は、国民戦線(与党連合)と対抗するために、他の野党と連携する必要があった。他の野党は私がリーダーになるべきだと感じた。他のリーダー候補がいれば私はそれで構わなかったが、野党は私が非常に高齢にもかかわらず、ナジブ氏に勝利するのに貢献できると考えた。

 私は長く首相の座にはいない。せいぜい2年程度だ。長く座にいることはできないが、総選挙、そして首相に…

この記事は有料記事です。

残り3185文字(全文3541文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安室さんコンサート 療育手帳で入場断られ…「取り返しがつかない」憤りの声
  2. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  3. 三越伊勢丹 3店閉鎖へ 新潟、相模原と府中
  4. トランプ米大統領 自慢に失笑 国連総会で各国指導者
  5. 熱血!与良政談 首相の「不都合な真実」=与良正男

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです