メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ウラカタ

「三屋清左衛門残日録 三十年ぶりの再会」監督 山下智彦さん ありふれた日常が大切

 東北の小藩で用人を務め、隠居生活に入った男を描いた藤沢周平の小説「三屋清左衛門残日録」を時代劇専門チャンネルとBSフジが映像化。1作目(2016年)、2作目(17年)に続き、今回の3作目も監督を務めた。前作を「完結篇(へん)」と銘打ったが、その人気から新作の制作が決定。時系列的には1作目と2作目の間の出来事を描いた。

 北大路欣也演じる清左衛門は、「定年退職したのと同じ」静かな日々を送る。「うそをつかない男。部下にな…

この記事は有料記事です。

残り563文字(全文773文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 早見あかり、婚姻届を提出 お相手は30代前半の会社員の男性、7月に婚約会見
  2. 東名事故誘発 あおり公判 「パトカーにも幅寄せ」検察指摘
  3. 記者殺害後、サウジ皇太子に助言か トランプ氏娘婿
  4. ORICON NEWS ZOZO前澤社長「お騒がせ」な一年に平謝り 剛力彩芽と交際、月周回計画など
  5. 逮捕前のゴーン前会長、西川社長の更迭計画 米紙報道

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです