メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲春場所

番付編成会議 史上初、双子の関取 貴公俊らが十両に昇進

十両昇進を決めた貴公俊(左)。昨年3月に昇進した弟の貴源治(右)に追いつき、双子の兄弟では史上初の同時関取となった=野村和史撮影

 日本相撲協会は31日、東京・両国国技館で大相撲春場所(3月11日初日・エディオンアリーナ大阪)の番付編成会議を開き、十両昇進者7人を発表した。十両・貴源治(本名・上山賢)の双子の兄で、貴公俊(たかよしとし、20)=上山剛、栃木県出身、貴乃花部屋=が新十両に昇進した。双子の兄弟の同時関取(十両以上)は史上初となった。

 新十両は金沢学院大出身の炎鵬(えんほう、23)=本名・中村友哉、石川県出身、宮城野部屋。再十両は5…

この記事は有料記事です。

残り332文字(全文541文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  2. みんなの広場 「満員御礼」幕の下に空席が=小学校非常勤講師・岩代孝一・60
  3. 訃報 樹木希林さん75歳=女優
  4. 大阪 川遊びの小3男児が行方不明 大和川
  5. 新元号 即位前公表「ルール違反」 京産大名誉教授が指摘

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです