メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点

平成の軌跡 貧困と社会の分断

仕事と住まいを失って「年越し派遣村」に集まり、布団が敷き詰められた厚労省の講堂で暖を取る人々=東京都千代田区で2009年1月2日午後10時56分、内藤絵美撮影

 2008年から09年にかけての年末年始、私たちは現代日本の「貧困」と向き合うよう迫られた。東京・日比谷公園にできた「年越し派遣村」。仕事と住まいを失った派遣労働者たちが集まり、セーフティーネットのもろさを突き付けた。平成時代に表面化し、残された課題を取り上げるシリーズの第1回、「村長」を務めた湯浅誠氏(48)と当時を振り返る。【聞き手・中村篤志】

この記事は有料記事です。

残り3652文字(全文3827文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪震度6弱 市長、ツイッターで「全校休校」 現場混乱
  2. 堺・男性殺害 逮捕の姉、事件前に「練炭自殺」検索
  3. ジョジョの奇妙な冒険 第5部「黄金の風」がテレビアニメ化 10月放送開始
  4. 殺害容疑の姉 弟の遺書、偽装の痕跡 父後継ぎで対立か
  5. 東京高裁 ワンセグ、2審もNHK契約義務 受信料訴訟

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]