メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

街角から

Shoganai大連立 ベルリン支局・中西啓介

 「Shoganai(しょうがない)」という日本語が2011年の東京電力福島第1原発事故後、ドイツで話題になった。独政府は事故に動揺する世論に応え原発廃止を決定したが、日本では原発政策が維持された。複数の独メディアが日本人特有のあきらめ心理を表す言葉として着目したのだ。

 ドイツでは今、メルケル首相による政権発足が難航している。昨年9月の連邦議会選で与党の議席を減らした中道右派のメルケル氏。なんとか中道左派・社会民主党との大連立政権継続の協…

この記事は有料記事です。

残り332文字(全文553文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トランプ氏は「底なしピノキオ」 米紙、虚偽主張20回で認定
  2. 社説 順天堂大も入試不正 言い訳の非常識さに驚く
  3. 日本のファーウェイ排除方針、中国が非難
  4. 中国、必死の反発 カナダに対抗策も ファーウェイCFO拘束 
  5. 北海道知事選に夕張市長擁立で調整 自民

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです