メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

銭湯百景

/1 背中流し「三助」復活の動き

入浴客の背中を流す右田智弘さん(右)=神奈川県座間市で

 <くらしナビ ライフスタイル>

 江戸時代から銭湯には客の背中を流す従業員、いわゆる「三助(さんすけ)」がいた。釜たきや温度調整を担う番頭たちが、銭湯の裏方仕事と並行して担当していた。番頭がいなくなり、背中流しの仕事もなくなったが、近年、復活の動きが出ている。

 ●気配り目配り大切

 「トタン屋根の家も建ち始めていたが、まだ焼け野原のようだったなあ」。東京都世田谷区の坊山義信さん(83)は、石川県から上京してきた当時の街並みを覚えている。大田区の銭湯で働き始めたのは敗戦の数年後。最初は釜たきの材料となる建築廃材を拾い集めた。やがて、親子ほど年の離れた先輩の見習いとして釜たき番に。そのころ、複数の銭湯で流しの仕事を経験した。

 流しを希望する客は、番台で入浴料に加えて流し代を払う。受け取った木札を浴場の椅子の横や台の上に置く…

この記事は有料記事です。

残り1824文字(全文2187文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ゆるキャラ GPは志木の「カパル」 注目の四日市は3位
  2. 北海道 函館山ロープウェイ開業60周年 無料開放
  3. 全国人権・同和教育研究大会 差別なき世界、子どもに 教育者ら討論や発表 大津など6市 /滋賀
  4. 社説 「イッテQ」にやらせ疑惑 うやむやでは済まされぬ
  5. 兵庫・篠山市 「丹波篠山市」変更が賛成多数 住民投票

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです