メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

読み解きワード

子どもの社会的養護 施設から「家庭」へ転換

 さまざまな理由で親元で暮らせない子どもたちを育てることを「社会的養護」と言います。日本では多くの子が施設で生活していますが、国はより家庭的な環境で育てる方向にシフトしようとしています。どう変わるのでしょうか。【谷本仁美】

8割が集団で生活 「親の虐待」多く

 社会的養護を受けている子は国内に約4万5000人いる。大きくは「施設養護」と「家庭養護」に分かれ、今は8割近くが施設養護だ。

 施設は子どもの年齢別に、乳児院や児童養護施設などがある。戦災孤児の収容が目的だった施設が多い関係で…

この記事は有料記事です。

残り1550文字(全文1791文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 殺人 「闇ウェブ」専門家刺され死亡 福岡繁華街、男出頭
  2. 沖縄慰霊の日 平和の詩「生きる」全文
  3. サッカー日本代表 不安定な川島 西野監督も苦言
  4. クジラ 東京湾で目撃9件 海ほたる沖で何度もジャンプ
  5. 福岡男性刺殺 ネット書き込みで恨み 出頭の42歳男逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]