メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

読み解きワード

子どもの社会的養護 施設から「家庭」へ転換

 さまざまな理由で親元で暮らせない子どもたちを育てることを「社会的養護」と言います。日本では多くの子が施設で生活していますが、国はより家庭的な環境で育てる方向にシフトしようとしています。どう変わるのでしょうか。【谷本仁美】

8割が集団で生活 「親の虐待」多く

 社会的養護を受けている子は国内に約4万5000人いる。大きくは「施設養護」と「家庭養護」に分かれ、今は8割近くが施設養護だ。

 施設は子どもの年齢別に、乳児院や児童養護施設などがある。戦災孤児の収容が目的だった施設が多い関係で…

この記事は有料記事です。

残り1550文字(全文1791文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. プロ野球 セ・リーグ全日程終了危機 阪神残りは18試合
  2. 覚醒剤 使用容疑で元うたのお兄さんを逮捕
  3. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  4. 自民総裁選 伸びぬ党員票「打ち上げではない。反省会だ」
  5. 自民総裁選 じわり広がる不満、圧勝逃す 「安倍1強」転換点

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです