メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

自民党

緊急事態条項、結論を持ち越し 改憲巡り全体会合

 自民党憲法改正推進本部(細田博之本部長)は31日午前、党本部で全体会合を開き、大規模災害などに対応する緊急事態条項について議論した。同本部役員らは国会議員の任期延長に限定する案で一本化しようとしているが、会合では、政府への権限集中や私権制限の規定を盛り込むよう求める意見が相次いだため、結論を次回以降に持ち越した。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 大阪震度6弱 ラッシュ直撃 「一緒にいた子が」児童犠牲
    2. 大阪震度6弱 高槻市長が謝罪 倒壊した塀、基準満たさず
    3. 大阪震度6弱 緊急地震速報、間に合わず 震源近く
    4. 大阪震度6弱 震源はひずみ集中帯 水平、垂直ずれ同時に
    5. 大阪震度6弱 「水、食料を」買い物客殺到 品切れ相次ぐ

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]