メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

関西エアポート

伊丹空港は「遊べる」空港、テ-クオフ

子供向けの娯楽施設「ボーネルンドあそびのせかい」やカフェが新設される屋上の展望デッキのイメージ=関西エアポート提供

「ボーネルンドあそびのせかい」など楽しめる店も充実

 関西国際、大阪(伊丹)の両空港を運営する関西エアポートは30日、改修中の伊丹空港ターミナル内の商業エリアの詳細を発表した。搭乗前の待ち時間に楽しんでもらい、さらに航空機を利用しない地域住民にも利用しててもらおうと、子供向けの遊び場と玩具店の複合施設「ボーネルンドあそびのせかい」など食事以外でも楽しめる店を充実させた。4月18日に開業する。

     玩具販売のボーネルンドの空港出店は初めて。「あそびのせかい」は床面積を1・5倍に拡張する屋上の展望デッキに新設する。長さ12メートルの大型トランポリン用器具や赤ちゃん専用スペースなどがある。地元産ワインが飲めるワイン醸造所が併設されたバル「大阪エアポートワイナリー」など、長時間の滞在でも飽きさせない店をそろえた。チョコレート菓子のキットカット専門店「キットカット ショコラトリー」や「ポケモンストア」など外国人に人気の高い専門店も入る。

     1~4階の商業エリアに全30店が入る。この日会見した関西エアポートの北山博・伊丹空港本部長は「待つストレスなく、楽しんでもらえる空港になる。飛行機に乗らない利用者も増えるだろう」と話した。【岡奈津希】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 米軍機 タンク投棄、氷突き破る 200m先に漁船 青森
    2. 大阪・堺の女性死亡 胃がん発見後、7カ月間放置
    3. 平昌冬季五輪 アイスホッケー合同チーム 南北に言葉の壁 「同宿」も実現しないまま
    4. 米高校乱射 「モンスターと暮らしていたとは」寄宿先夫婦
    5. 地震 防災無線 未明に大音量「セカオワ」震度4の宇和島

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]