メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アフリカ連合

「肥だめ国家」非難せず 対米協調を優先

議長国務めるルワンダのカガメ大統領

 【ヨハネスブルク小泉大士】トランプ米大統領がアフリカ諸国などを「肥だめ国家」と侮辱したとされる問題で、アフリカ連合(AU)の議長国を務めるルワンダのカガメ大統領は29日、米国との協力関係を優先し、非難声明などは出さない意向を示した。

     エチオピアで開催されていたAUの首脳会議は29日に閉幕。AP通信によると、カガメ氏は「最も重要なのは米国の大統領と会うことだ。トランプ氏が米大統領ならば、我々は彼とうまくやらなければならない」と述べた。

     「肥だめ」発言に対する反発はアフリカでも強く、発言を否定しているトランプ氏はAU首脳らにあてた書簡で「アフリカの人々を心から尊敬する」と強調。ティラーソン国務長官が3月にアフリカを訪問すると明らかにするなど、「関係改善」に乗り出していた。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 寡婦控除 未婚に所得制限、事実婚は対象外 与党調整
    2. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
    3. 衆院議運委 麻生氏の発言を問題視 G20出張了承せず
    4. 鹿児島 老人ホーム 1カ月で6人死亡 県が立ち入り
    5. 寝屋川中1殺害 母親証人尋問「天真らんまんな優しい子」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです