メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

RFS

中間貯蔵受け入れ計画、規制委に提出

 青森県むつ市のリサイクル燃料貯蔵(RFS)は30日、同市の中間貯蔵施設で一時保管する使用済み核燃料の受け入れ計画を原子力規制委員会に提出した。施設は2018年後半の操業開始を目指しており、計画通りに進めば貯蔵する使用済み核燃料は20年度末までに約169トンになる。

 操業開始から3年間の受け入れ計画で、18年度は約…

この記事は有料記事です。

残り237文字(全文395文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 私立岩田中 体育で倒れ3年生死亡 遺族と学校、県庁で協議 第三者交え再調査へ /大分
  2. 「次世代加速器」誘致支持せず 日本学術会議
  3. 札幌爆発事故 割れた窓、募る寒さ 本格復旧は来年へ
  4. 店長と従業員、スプレー缶の可燃性を認識せず 爆発は廃棄の120本 札幌
  5. 札幌爆発事故 不動産のアパマンがおわび文

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです