メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

訃報

大峯あきらさん88歳=宗教哲学者、毎日俳壇選者

大峯あきらさん

 宗教哲学者で毎日俳壇選者の俳人、大峯あきら(おおみね・あきら、本名・顕=あきら)さんが30日、急性心臓死のため死去した。88歳。通夜は2月2日午後6時、葬儀は同3日午前11時、奈良県橿原市一町345の1のセレモニーホール橿原。喪主は長男朝記(あさき)さん。

 奈良県出身。京都大文学部哲学科卒、同大学院博士課程修了。哲学者として大阪大教授、龍谷大教授などを歴任した。高浜虚子に師事し、1984年に同人誌「晨(しん)」を創刊、代表同人。94年から毎日俳壇選者を務め、2011年に句集「群生海(ぐんじょうかい)」で毎日芸術賞、詩歌文学館賞を受賞した。主な句集に「宇宙塵」(俳人協会賞)、「短夜(みじかよ)」(蛇笏(だこつ)賞、小野市詩歌文学賞)など。

 奈良・吉野山中の専立寺(浄土真宗本願寺派)の住職を務め、自然や生死の循環を宇宙的な一体感の中で詠む句風を確立。哲学者としてはフィヒテや西田幾多郎の研究で知られた。著書に「花月のコスモロジー」「命ひとつ-よく生きるヒント」、故池田晶子との共著「君自身に還れ-知と信を巡る対話」などがある。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  2. 元徴用工訴訟 河野外相「原告は徴用された方ではない」
  3. 論プラス 元徴用工めぐる判決 日韓に刺さったとげ=論説委員・大貫智子
  4. 徴用工判決 韓国紙、評価割れ「正義」「韓日関係に台風」
  5. BTS 絶叫、すすり泣き…騒動の渦中、コンサートでは何が 会場外ではファン批判演説

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです