メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 原稿を書いていて、あれ、歌の文句と同じだな、と時に思うことがある。たいていが昭和歌謡のヒット曲で、そんな体験をすると、昭和歌謡ブームも歌詞の力が大きいのでは、と改めて思う。とりわけ深い心の動きを風景や時間の流れとともに描いた作詞には感じ入る。音と詞の相乗効果もあってか、そこに映像さえ見せてくれる歌もあるほどだ。

 自らも作詞した演出家の久世光彦氏の著書「歌が街を照らした時代」に「どうしてみんな、こんなに上手(う…

この記事は有料記事です。

残り705文字(全文912文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  2. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と
  3. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  4. ガンバレルーヤ・よしこさん 病気のため一時休養を発表
  5. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです