メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Interview

中村鴈治郎 気短な殿を気持ちよく 来月「本蔵下屋敷」で若狭之助

中村鴈治郎さん=中村藍撮影

 歌舞伎屈指の人気演目「仮名手本忠臣蔵」には、多くの外伝物がある。3月の東京・国立劇場で上演される「増補忠臣蔵-本蔵下屋敷」もそのひとつだ。演じるのは主役の桃井若狭之助。

 足利家の重臣、高師直に侮辱された若狭之助は恨みを晴らそうとするが、家老の加古川本蔵の根回しで危機を回避。代わりに嫌がらせを受けた塩冶判官が師直に斬りつけて塩冶家は断絶。大星由良之助を頭とする塩冶家浪人が敵討ちを企てるのが「忠臣蔵」である。

 「増補忠臣蔵」は本蔵の行動で、へつらい武士の汚名を受けた若狭之助が、本蔵の下屋敷を訪れるところから…

この記事は有料記事です。

残り897文字(全文1152文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「次世代加速器」誘致支持せず 日本学術会議
  2. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  3. 私立岩田中 体育で倒れ3年生死亡 遺族と学校、県庁で協議 第三者交え再調査へ /大分
  4. 寝屋川中1殺害、山田被告に厳刑へ 大阪地裁
  5. 札幌爆発事故 割れた窓、募る寒さ 本格復旧は来年へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです