メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Interview

中村鴈治郎 気短な殿を気持ちよく 来月「本蔵下屋敷」で若狭之助

中村鴈治郎さん=中村藍撮影

 歌舞伎屈指の人気演目「仮名手本忠臣蔵」には、多くの外伝物がある。3月の東京・国立劇場で上演される「増補忠臣蔵-本蔵下屋敷」もそのひとつだ。演じるのは主役の桃井若狭之助。

 足利家の重臣、高師直に侮辱された若狭之助は恨みを晴らそうとするが、家老の加古川本蔵の根回しで危機を回避。代わりに嫌がらせを受けた塩冶判官が師直に斬りつけて塩冶家は断絶。大星由良之助を頭とする塩冶家浪人が敵討ちを企てるのが「忠臣蔵」である。

 「増補忠臣蔵」は本蔵の行動で、へつらい武士の汚名を受けた若狭之助が、本蔵の下屋敷を訪れるところから…

この記事は有料記事です。

残り897文字(全文1152文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 質問なるほドリ 闇ウェブって何なの? 通信内容を暗号化 発信者の特定困難=回答・岡礼子
  2. 殺人 「闇ウェブ」専門家刺され死亡 福岡繁華街、男出頭
  3. サッカー日本代表 セネガルと引き分け 勝ち点4に
  4. トランプ氏 「日本で私は英雄」米テレビで主張
  5. サッカー日本代表 「西野監督ごめんなさい」ネットに続々

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]