メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コクガン

気仙沼で捕獲作戦 渡りルート、繁殖地解明向け国際調査 成果ゼロ、79歳再挑戦誓う /宮城

捕獲用に用意された無双網に近づくコクガンの群れ

 20年以上にわたり研究用に鳥などを捕らえている里山自然史研究会(神奈川県逗子市)の内田聖さん(79)=千葉県我孫子市=らが27日までの4日間、気仙沼市の大谷海岸で、国の天然記念物のコクガンの捕獲に挑んだ。日本や中国など4カ国の研究者による共同調査の一環で、アジア太平洋地域での渡りルートや繁殖地の解明が目的だが、捕獲ゼロに終わった。内田さんは「失敗があるからまたみんなで考えられる」と再挑戦を誓った。【山田研】

 うっすらと雪に覆われた大谷海岸。海に流れ込む小川の上に、内田さんが作った無双網(長さ20メートル、…

この記事は有料記事です。

残り1323文字(全文1579文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 定員割れ神戸・楠高 重度脳性まひ男性が2年連続不合格
  2. 原料に金属か、ロッテとブルボン菓子回収 宇部興産設備で破損、影響拡大
  3. 「麻生氏に八木山峠は越えさせない」 福岡知事選、気勢上げる自民造反組
  4. 辺野古 玉城知事の「上告取り下げ」県政与党は寝耳に水 首相に辺野古「譲歩カード」 /沖縄
  5. 中2男子、校内で同級生の頭を刺す 容体不明 殺人未遂で逮捕 愛媛

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです