メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

信州・歴史探訪

大逆事件の闇(安曇野市・千曲市) 発端の地だった信州 /長野

かつて明科製材所があった安曇野市役所明科支所=安曇野市で

 安曇野市役所の明科支所がある場所に、明治時代後期から大正初めにかけ、官営の明科製材所があった。明治政府による思想弾圧事件とされる大逆事件は、この製材所の工員が企てた爆裂弾の製造計画を、警察が摘発したことが端緒になった。

     ◇

 1909(明治42)年6月、当時は中川手村だった明科駅に一人の男が降り立った。明科製材所の機械工として赴任する宮下太吉だ。生まれは甲府で、当時34歳。腕利きの工員として愛知県の鉄工場から移ってきたが、社会主義者という別の顔を持っていた。

 労働者の待遇や格差に不満を抱く宮下は、天皇制が問題の根にあると思い込み、爆裂弾を使って明治天皇を暗…

この記事は有料記事です。

残り1319文字(全文1604文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 覚醒剤 使用容疑で元うたのお兄さんを逮捕
  2. 自民党総裁選 小泉進次郎氏、石破氏を支持
  3. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  4. 小泉進次郎・自民筆頭副幹事長 「モリカケやっぱりおかしい」 特別委設置求める
  5. 自民党総裁選 安倍首相が連続3選 石破元幹事長破る

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです