メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トランプ米大統領

一般教書演説 インフラ投資163兆円 「米国の新時代」

 【ワシントン高本耕太】トランプ米大統領は1月30日夜(日本時間31日午前)、連邦議会の上下両院合同会議で、内政・外交の施政方針を示す初めての一般教書演説を行った。就任2年目に取り組む目玉政策として、老朽化した高速道路の補修など今後10年間で1兆5000億ドル(約163兆円)規模のインフラ投資や、180万人の不法移民の救済制度策定に意欲を示した。

 演説は約1時間20分に及んだ。政権に対する「信任投票」である中間選挙を今年11月に控え、トランプ氏…

この記事は有料記事です。

残り455文字(全文679文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否
  2. 入れ墨 「医療行為に当たらず」 彫り師に逆転無罪
  3. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  4. セクハラ防止ポスター 困り顔の男性をアップ 批判相次ぐ
  5. 決算予想 ライザップ赤字に グループ企業業績改善遅れで

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです