メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

メディアの戦後史

大宅壮一「一億総白痴化」 テレビの本質を見抜く

大宅壮一

 1956年11月4日、秋の早慶第2戦。慶応が優勝をかけたこの試合を日本テレビが東京・神宮球場から中継するはずだった。しかし「早慶戦の時間ですがお待ちください」とアナウンサーが繰り返すばかりで映像は現れなかった。

 3日夜の娯楽番組「何でもやりまショー」が第1戦で「早稲田の応援席で慶応の旗を振って応援すれば賞金を出す」という企画を試み、騒動になった。これを知った東京六大学野球連盟が中継を拒否したのだ。「賞金ほしさに若い男が無謀なことを行ったが、事前に知っていたNTV(日本テレビ)の態度は許せない」。連盟理事は毎日新聞4日夕刊(東京本社最終版)で憤った。テレビは放送開始3年で世帯普及率2%。年間観客動員10億人の映画全盛時代だった。

 「最高度に発達したテレビが最低級の文化を流すという逆立ち現象--マス・コミの白痴化がいちじるしい」…

この記事は有料記事です。

残り1111文字(全文1479文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ロシアW杯 まさかの一発退場 追い詰められたコロンビア
  2. サッカー日本代表 最高のシナリオ 取り戻した一体感
  3. 大阪震度6弱 ラッシュ直撃 「一緒にいた子が」児童犠牲
  4. 大阪震度6弱 お店、徐々に再開 一部工場で操業停止続く
  5. サッカー日本代表 大迫決勝ヘッド コロンビアを撃破

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]