メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平成の記憶

記者の記録 政治不信、改革の動力 「結果」より「過程」へ

平成の主な政党の離合集散

 リクルート事件などによる政治不信の高まりのなかで始まった平成は、安倍内閣が長期政権となるなかで幕を下ろそうとしている。人々の政治に対する意識を大きく変えた時代を振り返った。

 昭和期の戦後政治で重視されたのは所得倍増などの「結果の政治」だった。しかし政治改革が大テーマとなった平成の政治で問われたのは、何を実現したかよりどうやって実現したか、説明責任が問題となる「過程の政治」だった。それを象徴するのが、いずれも現場で取材した細川護熙(もりひろ)、鳩山由紀夫両首相の、わびしすぎる退陣風景だ。

 細川政権時は政治部デスクとして細川氏を観察し、退陣時は総括デスクとして首相官邸にも出向いた。鳩山政…

この記事は有料記事です。

残り2634文字(全文2930文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 水樹奈々 小学生役に「私、本当に大丈夫」? 小林星蘭の「同級生」発言に大喜び
  2. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
  3. 週刊テレビ評 綾瀬はるか主演「義母と娘のブルース」 原作を超えた独自の世界観=碓井広義
  4. 拾得物詐取 大阪の巡査ら個人情報なし狙い
  5. あおなみ線 空港まで 名古屋市、検討対策室設置へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです