メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平成の記憶

記者の記録 政治不信、改革の動力 「結果」より「過程」へ

平成の主な政党の離合集散

 リクルート事件などによる政治不信の高まりのなかで始まった平成は、安倍内閣が長期政権となるなかで幕を下ろそうとしている。人々の政治に対する意識を大きく変えた時代を振り返った。

 昭和期の戦後政治で重視されたのは所得倍増などの「結果の政治」だった。しかし政治改革が大テーマとなった平成の政治で問われたのは、何を実現したかよりどうやって実現したか、説明責任が問題となる「過程の政治」だった。それを象徴するのが、いずれも現場で取材した細川護熙(もりひろ)、鳩山由紀夫両首相の、わびしすぎる退陣風景だ。

 細川政権時は政治部デスクとして細川氏を観察し、退陣時は総括デスクとして首相官邸にも出向いた。鳩山政…

この記事は有料記事です。

残り2634文字(全文2930文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪震度6弱 高槻市長が謝罪 倒壊した塀、基準満たさず
  2. 加計学園 理事長が会見、謝罪 監督責任で給与を自主返納
  3. 大阪震度6弱 ラッシュ直撃 「一緒にいた子が」児童犠牲
  4. 加計学園 午前11時から記者会見 理事長自ら説明か
  5. 大阪震度6弱 緊急地震速報、間に合わず 震源近く

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]