メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

科学の森

剛と柔、併せ持つ日本刀 複数の鋼で構成 たくみの技の結晶

日本刀の秘密

 日本刀にはまる若い女性を意味する「刀剣女子」といった言葉が生まれるなど、日本刀の魅力にとりつかれる人が増えている。優雅な曲線美や刃紋(はもん)と呼ばれる模様、美しい刃の輝きがその魅力だが、見どころはそれだけではない。日本刀の知られざる秘密とは?【渡辺諒】

 ●炭素量に差

 一般的に刀は切れ味を増やそうと硬くすれば折れやすくなり、折れないようにすれば曲がりやすくなる性質がある。名刀はこうした弱点をどう克服しているのか。東京芸術大の北田正弘名誉教授(75)が、光学顕微鏡や電子顕微鏡などを使って実際の日本刀を科学的に分析した。名刀の内部を詳細に調べるためには実際に切断する必要があるため、研究できる機会は極めて限られているという。

 日本刀は平安後期に誕生したとされ、1000年の歴史がある。大正ごろまでは盛んに研究されていたが、第…

この記事は有料記事です。

残り1417文字(全文1781文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京湾 クジラ目撃情報 ゲートブリッジや葛西海浜公園で
  2. 将棋 藤井七段、王座戦タイトル初挑戦まであと2勝
  3. ロシアW杯 ブラジル、覚醒の2発 ネイマールも泣いた
  4. 消費者庁 ユーチューブでの「もうけ指南」ご用心 事業者公表
  5. サッカー日本代表 トルシエ氏 1次L突破「可能性ない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]