メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 <ピックアップ>

 日本学士院は、活躍が期待される若手研究者に贈る学術奨励賞に、新潟大の小松雅明教授(45)=分子細胞生物学=ら6人を選んだと発表した。小松氏は、生物が自らの細胞内の物質を分解する「オートファジー(自食作用)」を研究。他の5人は、慶応大の鎌田由美子准教授(38)=イスラム美術史=と佐…

この記事は有料記事です。

残り119文字(全文269文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日本のファーウェイ排除方針、中国が非難
  2. 中国、必死の反発 カナダに対抗策も ファーウェイCFO拘束 
  3. 政府、ファーウェイの排除へ 米国に歩調
  4. ファーウェイCFOを拘束 米国要請受けカナダ当局
  5. トランプ氏は「底なしピノキオ」 米紙、虚偽主張20回で認定

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです