メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

PICKUP

来月、中級の数独試験

 <ピックアップ>

     一般社団法人日本数独協会(後藤好文代表理事)は、3月に実施する「第2回数独技能認定試験」の受験者を募集している。中級レベルの3問を制限時間内に解くことが目標。正解数に応じて6~4級が認定される。

     数独は9×9のマスの空欄に1~9の数字を重複しないように入れる数字パズルで、毎日新聞朝・夕刊には連日掲載。国内のファンは20万人とも言われ、世界中に愛好者が広がっている。

     昨年9月には初級(11~7級)の認定試験を実施。岩手県大槌町の会場では7~99歳の100人以上が挑戦した。

     今回は中級(6~4級)が対象。志願者は、同協会のウェブサイト(http://sudokujapan.com/examination-2/)を通して、2月25日までに申し込む。試験は特定の日時や会場を設けず、好きな時に自宅などで解く。2時間で解けるところまで解き、解答を協会に郵送。協会が採点し、正解の数で級を認定する。3問とも正解なら4級、一問も正解できない場合は再挑戦となる。認定料は3000円。

     今後は、4級の資格を持つ人を対象に上級(3級以上)の認定試験も予定している。同協会は「数独に慣れてきて、自分の実力レベルを知りたいと思い始めた人に挑戦してほしい」と話している。【元村有希子】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 日産会長逮捕 ゴーン神話「数字の見栄え良くしただけ」
    2. 高校野球 誤審で甲子園行き明暗…終了一転逆転 岡山大会
    3. 全国高校サッカー 県大会 西京、5年ぶり全国切符 高川学園の猛攻しのぐ /山口
    4. ゴーン会長逮捕 日産社長「私的流用、断じて容認できない」 会見詳報(1)
    5. 日産 ゴーン会長を解任へ 「会社資金を私的に流用」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです