メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲春場所

番付編成会議 最速十両の炎鵬「まず勝ち越し」

師匠の宮城野親方(左)と握手する炎鵬=東京都墨田区の宮城野部屋で31日、飯山太郎撮影

 日本相撲協会は31日、東京・両国国技館で大相撲春場所(3月11日初日・エディオンアリーナ大阪)の番付編成会議を開き、十両昇進者7人を決めた。炎鵬(えんほう、23)=本名・中村友哉、石川県出身、宮城野部屋=と貴公俊(たかよしとし、20)=本名・上山剛、栃木県出身、貴乃花部屋=の2人が新十両。

 東京都墨田区の宮城野部屋で記者会見した…

この記事は有料記事です。

残り237文字(全文403文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  2. 元徴用工訴訟 河野外相「原告は徴用された方ではない」
  3. 論プラス 元徴用工めぐる判決 日韓に刺さったとげ=論説委員・大貫智子
  4. 徴用工判決 韓国紙、評価割れ「正義」「韓日関係に台風」
  5. 日大アメフット 解雇無効求め内田前監督が大学提訴

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです