メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日本相撲協会

理事選、5期連続投票か きょう立候補受け付け

十両に昇進し記者会見する貴公俊(左)と師匠の貴乃花親方=東京・両国国技館で2018年1月31日午後1時3分、丸山博撮影

 日本相撲協会は1日、任期(2年)満了に伴う理事(定数10、外部3人を除く)と副理事(同3)の候補選挙の立候補届け出を東京・両国国技館で受け付ける。理事候補には11人が立候補を予定しており、5期連続で投票になる見通し。投票は2日、現職の親方101人によって行われ、同日開票される。

 貴乃花一門は、初めて複数候補を立てる予定。5度目の当選を目指す貴乃花親方と、初出馬の阿武(おうの)松(まつ)親方の2人だ。元横綱・日馬富士の傷害事件を巡り、貴乃花親方は1月の評議員会で理事を解任された。

 一方、元日馬富士の師匠で事件の責任を取って理事を辞任した伊勢ケ浜親方(元横綱・旭富士)が出馬を断念…

この記事は有料記事です。

残り493文字(全文785文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 落語家の笑福亭松之助さんが死去、93歳 明石家さんまさんの師匠
  2. 堀ちえみさん、11時間にわたるがんの手術終わる 夫がブログで報告
  3. 明石家さんま 又吉直樹脚本で結婚と離婚をドラマ化 大竹しのぶ役は剛力彩芽 さんま役は斎藤工
  4. 北海道地震でデマ 道警、警戒呼びかけ「本震が来る」「中国の実験が原因」 鳩山元首相投稿も
  5. ORICON NEWS 堀ちえみ『金スマ』で涙の告白 当初は緩和ケア望むも、娘の一言でがん闘病決意

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです