メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

皆既月食

全国で観測 1時間17分、赤銅色の天体ショー

皆既月食で赤銅色に染まる満月。下は東京スカイツリー=東京都墨田区で2018年1月31日午後10時26分、藤井達也撮影

 全国で31日夜、満月が地球の影にすっぽり隠れる皆既月食となった。天気が悪く観測できない地域もあったが、東京都内では午後9時前に左下が欠け始め、同9時51分に皆既月食になると特有の赤銅(しゃくどう)色に染まった。

 日本では約3年ぶり。国立天文台によると、皆既月食は同11時8分まで1時間17分続いた。太陽と地球、満月が一直線に並ぶ時に起きる現象だ。月が赤く見えるのは、地球の縁をかすめて屈折した太陽光のうち、赤い光だけが届くためだ。

 前回2015年4月の皆既月食はわずか12分間。次は東北地方以西で7月28日未明に見られる。東京都内では皆既食のまま月の入りとなり、約20分しか観測できない。【岡田英】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
  2. 新潮45 杉田氏擁護特集で社長コメント「常識逸脱した」
  3. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる
  4. 大相撲秋場所 さらばロシアの巨漢 大露羅、引退を表明
  5. 北九州 マンションで女性4人死亡、自殺か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです