メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

人生は夕方から楽しくなる

漫画家・白土三平さん 心は「飛んでるぜえ」 「カムイ」から自由に

「昔は、このあたりの漁師は友達でね。よく酒を飲んだ。今はみんなあの世の人だけど、それもまた人生だ」=千葉県富津市で、和田大典撮影

 東京の都心からごとごと、列車を乗り継いで3時間ほど。「伝説の漫画家」は房総の小さな漁村の、海べりの自宅兼アトリエで暮らしていた。

 「あなたは40歳過ぎ? うーん、若いねえ。時代が違うから……果たして話が合うかなあ」

 今年で86歳。少々取材に迷惑そうだったけれど、元来が話好きなのだろう。自宅のこたつに潜り込み、よもやま話を始めれば、映画の話から人生論まで、よどむところがない。

 「ジョン・ウェインなんかは、同じ西部劇でも若いころと晩年は、そりゃもう、演技がまったく別でね。それ…

この記事は有料記事です。

残り1607文字(全文1846文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社告 優勝額を販売します 9月場所・白鵬関
  2. 所ジョージ 「夏に胆のう摘出手術」 新番組で記者会見
  3. 赤坂電視台 川合俊一 日本女子バレーの団結力はすごい!
  4. 新潮社 「あのヘイト本」Yonda? 看板に落書き
  5. 東京 コインロッカーから乳児遺体 無職女性が事情知る?

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです