メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

週刊テレビ評

大河ドラマ「西郷どん」 西田敏行、ナレーションも名演技=ペリー荻野

 NHK大河ドラマ「西郷(せご)どん」は、西田敏行の語りが楽しい。

 子供時代が描かれた第1回では、小吉(のちの西郷隆盛、渡辺蒼)がけがで刀を握れなくなるエピソードが描かれた。一度は絶望したものの、島津斉彬(渡辺謙)と出会ったことで、なんとか前向きになった小吉に、ナレーターの西田は「こよいはここらでよかろうかい。西郷どん、チェスト! きばれ!」と締めくくった。第2話では、貧しい農民の娘ふきが売られるのを止めることもできず、涙する西郷(鈴木亮平)に「こよいは……」の決まり文句の後、「西郷どん、まだまだじゃ。もちっときばれ。チェスト! きばれ!」。

 大河ドラマで、登場人物にこれほど親しげに語り掛けるナレーターがいただろうか? それはもちろん過去に…

この記事は有料記事です。

残り753文字(全文1077文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 特集ワイド 「ゲッベルスと私」 全体主義描いた映画、続々公開 同じ過ちを犯さぬために
  2. 大阪震度6弱 市長、ツイッターで「全校休校」 現場混乱
  3. 介護 職員へのセクハラや暴力が深刻 上司に訴えても「あんたが悪い」
  4. ロシアW杯 日本女性に下品な言葉 コロンビアで問題に
  5. 堺・男性殺害 逮捕の姉、事件前に「練炭自殺」検索

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]