メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

週刊テレビ評

大河ドラマ「西郷どん」 西田敏行、ナレーションも名演技=ペリー荻野

 NHK大河ドラマ「西郷(せご)どん」は、西田敏行の語りが楽しい。

 子供時代が描かれた第1回では、小吉(のちの西郷隆盛、渡辺蒼)がけがで刀を握れなくなるエピソードが描かれた。一度は絶望したものの、島津斉彬(渡辺謙)と出会ったことで、なんとか前向きになった小吉に、ナレーターの西田は「こよいはここらでよかろうかい。西郷どん、チェスト! きばれ!」と締めくくった。第2話では、貧しい農民の娘ふきが売られるのを止めることもできず、涙する西郷(鈴木亮平)に「こよいは……」の決まり文句の後、「西郷どん、まだまだじゃ。もちっときばれ。チェスト! きばれ!」。

 大河ドラマで、登場人物にこれほど親しげに語り掛けるナレーターがいただろうか? それはもちろん過去に…

この記事は有料記事です。

残り753文字(全文1077文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 総務省 携帯料金、大容量で東京が最高額 世界6都市比較
  2. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  3. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺
  4. 大相撲秋場所 稀勢の里、逸ノ城に完敗
  5. 仙台・警官刺殺 刃渡りは20cm 「現金拾った」と訪問

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです