メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

金言

ジョージア大使の喜び=西川恵

 <kin-gon>

 ジョージアのレバン・ツィンツァゼ駐日大使(48)は栃ノ心と友人同士だ。その優勝はもちろんうれしい。しかし大使として「ジョージア」という名前が日本中に知られたことが何よりうれしい。

 千秋楽、大使は早々と午後1時半に両国国技館に行った。同じジョージア出身で十両の臥牙丸が勝ち越しを決め、優勝を決めていた栃ノ心が有終の美を飾るのを観戦。春日野部屋、ホテル、さらに3次会の祝勝会で乾杯を重ね公邸に戻ったのは未明だった。

 「栃ノ心が自信に満ちているのがうれしい。右膝のケガの後遺症もまったくなく、思いっきり力を入れられる…

この記事は有料記事です。

残り753文字(全文1019文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 体罰 教諭2人懲戒処分 炎天下ランニングで生徒一時重体
  2. トランプ米大統領 モンテネグロ守れば「第三次大戦」 NATO集団防衛義務、疑問視
  3. サッカー日本代表 監督に森保一氏就任へ 26日決定
  4. 京急 駅名が「北斗の拳」仕様に 「かぁまたたたたーっ」
  5. コトバ解説 「熱中症」と「熱射病」の違い

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]